病院の検査では異常なしだけど、体は異常あり病院の検査では異常なしだけど、体は異常あり自律神経失調症自律神経失調症を耳にしたことがない人がいないくらい身近な疾病となりました。自律神経は字のごとく”自律”した神経です。血圧・体温・消化など自分では動かすことのできない神経です。肘を伸ばしたり曲げたりは自分の意思で動かせる”体性神経”と呼ばれるものです。生命維持に必要不可欠なこの自律神経。これが傷ついたり、内臓に何か病気が起きてしまうのではなく、”神経の働きが乱れ、調整できない”のが自律神経失調症です。
知り得た情報が上手に伝わらず、誤って脳が正しいものと誤解して誤作動が起きている”状態です。

周囲の人は暑いというのに寒いと感じる。いつも下痢をする。消化が悪く、胃がもたれた感じがする。座っていても息切れやダルさを感じる。朝起きても疲れている周囲の人は暑いというのに寒いと感じる。いつも下痢をする。消化が悪く、胃がもたれた感じがする。座っていても息切れやダルさを感じる。朝起きても疲れている

脳の誤解により痛みや不快感、憂鬱感などを「楽」な状態と誤解しているような状態です。これらをとかなければ、症状は改善されません。

鍼治療により、神経を刺激することで脳内快楽物質が生じ、前向きになれます(無気力、憂鬱感の解消)。骨格を正すことで血液、リンパ液、脳や脊髄に影響している脳髄の循環の改善。やさしく痛くない筋膜リリースで筋肉の緊張をとき、リラックスできる鍼治療により、神経を刺激することで脳内快楽物質が生じ、前向きになれます(無気力、憂鬱感の解消)。骨格を正すことで血液、リンパ液、脳や脊髄に影響している脳髄の循環の改善。やさしく痛くない筋膜リリースで筋肉の緊張をとき、リラックスできる

グラフグラフ

どのパターンも良くなって悪くなって停滞してなどを繰り返しながら、改善されていきます。悪化することはつらいでしょうが、良くなっていく過程での準備期間でもあります。このときの施術がとても大切です。あまり変化がなくても治療後悪くなっても継続することで必ず変化はでます。安心して施術を受けましょう。